マクラーレン エルバ。 【限定249台】マクラーレン・エルバ、日本へ レトロ・イメージを纏う新型オープン・コクピット・モデル(AUTOCAR JAPAN)

「60年代モデルカー・レーシングの華麗なる世界!」

当時、グループ7仕様のカスタマーレーシングカーとして製造されたマクラーレン-エルヴァは、現在のマクラーレン製スポーツカーと同じように先進的なデザインとメカニズムを備えていた。 MSOでは、ウルトラファブリックやレザーのインテリアカラーの選択や、ほぼ無制限に選べるエクステリアの塗装色、ホイールのデリケートなピンストライプやボディ全体で複数のカラーをブレンドさせる「contour」や「velocity」フィニッシュなど、ほぼどのような選択も可能になっている。

Next

【マクラーレンの車種一覧】マクラーレンの車種別に価格・燃費・スペック・中古車情報までわかるマクラーレン車種カタログ

このエンジンは『セナ』用がベースで、フラットプレーンのクランクシャフト、ドライサンプ潤滑、パワートレインの質量を削減する、軽量のコネクティングカムシャフト、ロッド&ピストンが採用された。 あわせて新型エルヴァでは、最新のステアリングシステムや専用スプリングなどを採用することで、「ドライバーとの一体感やフィードバックを向上した」とマクラーレンはコメント。

マクラーレン、815馬力の新型スーパーカー『エルバ』発表…フルオープンのロードスター

大型のカーボンファイバー製リアフェンダーは、ドアからリアデッキに向かって流れる。 センターコンソールも同様で、ロールバーの間にあるボディパネルにまでつながっています。 これまでのアルティメットシリーズのP1、セナ、スピードテールと同様に限定的な生産となり、399台のみがデリバリーされる。

Next

最新スーパーカーは技術の結晶! マクラーレンが短編動画でテクノロジーを解説するサイトをオープン(くるまのニュース)

インフォテイメント用の8インチタッチスクリーンが装着されていますが、軽量化のためにオーディオはオプション扱いとなっています。

Next

【スーパーカー年代記 125】マクラーレン エルバは走りに徹したピュアなスーパー ロードスター

エアブレーキ機能は、高速走行からのブレーキングに貢献する。 リチャード・ロッツレイ( Richard Wrottesley )とトニー・ランフランチ()の運転でプロトタイプ2,000ccクラスに出場したが、スピンに悩まされた末3時間あまり、29周でクラッチトラブルによりリタイヤとなった。

Next

マクラーレン エルバ M1Aオマージュのスピードスター!

リアバンパーサイドエクステンションと組み合わされて、空力効率をさらに向上させるという。

Next