GS:

MACDは下降トレンド。底は切り下げているので来週は下げると予測しました。 バフェットがGSの株の8割を売却したニュースもあったので、長期的にも今は金融株はリスクを孕んだ感じがします。

GS:

米国株 GS(ゴールドマンサックス) 日足チャート 移動平均線大循環分析(イド大) 大循環MACD(大マク) 200日EMA これらを使うことで、初心者トレーダーから上級者トレーダーにレベルアップできるようになります。 まず初心者の方は、イド大を使うことで、第1ステージが買いのサイン、第4ステージが売りのサインということを学びます。 そこから上級者にレベルアップするために、大マクを活用していきます。 それにより、移動平均線大循環分析での分析よりも一歩早い判断が出来るようになります。 そこに200日EMAを入れることで、大局の流れが判断できるようになるので、難しいところでのエントリーが減っていきますね。 200日EMAの動きをみることで上昇トレンド、下降トレンドといった大局が見えていきます。 さらに、もみ合い相場のとこ...

GS:

ブレイクで売りの場面。

GS:

長期足フィボ38.2% 事実より短期足にラインが引ける。 今日ブレイクすれば売り狙い。

評価

企業価値/EBITDA (直近12ヶ月)

企業価値 - 四半期

時価総額 — 基本

従業員数

株主数

PER: 株価収益率 (直近12ヶ月)

株価売上比率 , 移動12ヶ月

株価純資産倍率 - 通期

株価売上高倍率 - 通期

貸借対照表

流動比率 - 四半期

負債比率 - 四半期

純負債 - 四半期

当座比率 - 四半期

総資産 - 四半期

債務合計 - 四半期

動作中の基準

総資産収益率 (直近12ヶ月)

ROE: 自己資本利益率 (直近12ヶ月)

投下資本利益率 (直近12ヶ月)

従業員一人当たりの収入 (直近12ヶ月)

価格履歴

平均出来高 (10日)

ベータ - 1年

価格 - 52週高値

価格 - 52週安値

配当

配当金支払額 - 通期

一株当たり配当金(通期)

予想年間配当金

Dividend Yield (配当利回り)

マージン

当期純利益 (直近12ヶ月)

売上総利益 (直近12ヶ月)

営業利益率 (直近12ヶ月)

税引前利益 (直近12ヶ月)

損益計算書

基本EPS、純利益

一株当たり利益,基本 (直近12ヶ月)

EBITDA (直近12ヶ月)

売上総利益 - 通期

前事業年度 EPS

前年度の売上 - 通期

当期純利益 - 通期

総収益 - 通期

フリーキャッシュフロー (直近12ヶ月)

財務指標詳細

プロフィール

ニュース

Contact us

Find us at the office

Procter- Lebret street no. 84, 49328 Stanley, Falkland Islands

Give us a ring

Travontae Brummels
+26 237 340 160
Mon - Fri, 7:00-22:00

Contact us